menu

養生大学 養生は人生のチャンスになる

  1. ホーム
  2. 講座一覧
  3. 食・からだ
  4. 中医学入門 初級

中医学入門 初級

豊富な臨床経験をお持ちの三宅漢方医院の院長先生が、中医学をわかりやすく、深く教えてくれます。中医学の最大の特徴は整体観にあります。宇宙と人間との整体、人間の身体の臓器・組織の整体観を理解することによって、表面上の現象にとらわれず、根底にある原因から着手し、エネルギーのバランスを整え、身体を自然に健康体に導くことができます。中医学を勉強することによって、日ごろの健康管理に多いに役立つことができます。

講師: 三宅 和久

  • 動画講座
  • Zoom講座
  • 講座テキスト
  • 修了証
  • テスト
  • レポート提出

学習内容
総時間: 12時間30分

講座は3月31日より開始いたします。
以降、隔週月曜日更新

基礎概念
1、 中医学とは
2、 西洋医学と中医学の違い
3、 整体概念
4、 弁証論治
5、 陰陽
6、 五行


蔵象学説・五臓・六腑の生理
1、 蔵象学説とは
2、 肝・胆嚢の生理
3、 心・小腸の生理
4、 脾・胃の生理
5、 肺・大腸の生理
6、 腎・膀胱の生理
7、 三焦の生理
8、 奇恒之府
9、 臓腑同士の関係


精気血津液
1, 精
2, 気
3, 血
4, 津液
5, 精・気・血・津液の相互関係

経絡
1, 経絡とは
2, 五臓六腑の経絡
3, 経穴
4, 中医学での経絡治療

対象受講者

医学や哲学に興味のある方
前向きに健康管理したい方

シェアする

講師紹介

三宅 和久(みやけ かずひさ)

三宅漢方医院 院長

豊富な臨床経験をお持ちの三宅漢方医院の院長先生が 中医学をわかりやすく、深く教えます。

福岡市博多区出身。1989年、岡山大学医学部卒業。医局に入らず、宇治徳洲会病院で各科ローテーション研修を受け、同院小児科に入局。この頃漢方勉強会に参加を始める。
1991年アムダによるクルド難民救援活動に参加。その縁で岡山のアスカ国際クリニックに移り、北京中医薬大学卒の甄(けん)立(りつ)学(がく)医師から漢方と鍼灸を学ぶ。
同院に10年在職中、田舎での地域医療に従事する一方、世界各国の災害内戦の緊急救援に参加。1997年には10ヶ月間、南京中医薬大学に留学。温病学教室の楊(よう)進(しん)教授やその師である老中医・孟澍江(もうじゅこう)先生より教えを受ける。
2003年から1年間ミャンマーに滞在し、廉価医療普及のため伝統医に鍼灸を、農民・僧侶に吸い玉療法を教える。
2004年帰国し、福岡輝栄会病院内科で1年間、 正信会水戸病院内科で3年間勤めた後、退職。
2008年9月 から三宅漢方医院を開業。

著書
護鬼の里(吉備人出版)
白龍の娘(吉備人出版)
AMDA緊急救援出動せよ!(吉備人出版)
ルワンダからの証言―難民救援医療活動レポート(AMDA/分担執筆)
臓腑経絡・三焦の弁証と処方  衷中会 (たにぐち書店/分担執筆)
医学衷中参西録  張 錫純 (著)  衷中会(たにぐち書店/分担執筆)
マンガ食事と漢方で治すアトピー性皮膚炎(東洋学術出版社/原作)
マンガ睡眠と漢方で治す婦人科疾患(東洋学術出版社/原作)

レビュー

匿名希望さん
以前漢方にお世話になったことがあり、詳しく学びたいと思い受講しました。 中医学を中心に幅広く学べます。
匿名希望さん
自分の身体との付き合い方を見直すことができました。図を使って説明されているのでわかりやすかったです。中級講座もお待ちしております。
double_arrow